趣味におけるダンスについて

趣味におけるダンスについて

趣味におけるダンスについて

ダンスと聞いたとき人によっては緩やかなリズムでゆったりと優雅にやるものから軽快な音楽とともに飛び回るようなものをイメージする人もいます。それはどちらも正解です。それでいて年配だからゆったりしたものでなくてはいけないのかといえばそうではありませんし、若いからといって激しいダンスばかりかといえばそうではありません。自分の好きなものをやるのが一番です。

まず運動になる、というのがあります。ゆるやかといっても特定のステップとリズムに合わせたものは緊張も合わさってなかなかな運動になりますし、激しいリズムのものは見たまま疲れますし、一連の動作にある程度の筋肉を求められる部分もあります。もちろんそれは熟練してからですが、とても難しいです。だからこそ簡単なものからはじめ、筋肉も付き、動作も順調になってから挑戦するという楽しみもあります。ダンスによっては大会といったものもありますし、それを目標に楽しむというのも人生におけるハリになることうけあいです。激しいほうの大会はエンターテイメント性が強く、お祭りごとのようなものです。疲れも激しいですが楽しく、健康的なスポーツのようなものだと思うとより楽しめると思います。

最近の急上昇ワード音楽についての話はここをブックマークしましょう

Copyright (C)2015趣味におけるダンスについて.All rights reserved.