趣味におけるダンスについて

趣味におけるダンスについて

ダンスをするときはリズムに乗るようにする

音楽を楽しむとき、音を聴いているとそのうちリズムにのってくることがあります。知らないうちに足踏みをしたり、腕を振ったりすることがあります。そして歌を口ずさみ始めるのです。誰も見ていないからできることですが、誰かに見られていると思ったら少し恥ずかしい思いになるかもしれません。でもそれを楽しむことができます。音楽を聴くときは基本的には体を動かさないのですが、気分が乗ってくればどんどん体が動くようにんリます。

ダンスをしたくなる時といえば音楽を聴いている時です。良くしている人なら好きな音楽が流れてくれば条件反射的に踊り始めることもあるでしょう。全く踊った経験のない人でもそのうち踊れるようになってきます。一応決まりはあるのですが、自由に踊っても構いません。オーディションなどではどのように踊らないといけない、このように踊った方がいいなどの事があると思いますが、自分が趣味で踊る分にはそのようなことを気にする必要はありません。

踊る場所としてよくあるのはガラスなどがあるところです。そういったところは自分の踊っている姿を見ることができます。それを確認しながら、上手く踊ることができているかを確認できるのです。上手に踊れているかどうかを見るのです。

Copyright (C)2017趣味におけるダンスについて.All rights reserved.