趣味におけるダンスについて

趣味におけるダンスについて

ダンスはプロもアマも楽しめる

ダンスというのは奥が深く、プロの領域からアマチュアの領域まで広いレベルがあります。妻はダンスにはまっていますが、ただ自分がレッスンの中で体を動かすのがうれしいようです。しかし、アマチュアレベルであっても発表があったりすると、その真剣度はプロ並みになるようで、妻の友人などは発表会のために家事の時間を削って練習に没頭したすることもあるようです。

プロのレベルは当然アマチュアとは違います。それで報酬をもらうのですから当然ですが、プロがダンスをしている姿を見ていると元気が出ることがダンスが持っている価値なんだと思います。もちろん、自分ではできないレベルの技を持っていてそれを披露してくれれば「すごい」と感動することもありますが、基本はそのダンスから元気をもらうことがダンスがショーとして成立している理由だと思います。

プロであれアマチュアであれば、共通していることは、踊っている人が幸せを感じていれば、それを見ている人もその感情を感じることができるという点でしょう。体を動かすことによりストレスも発散され健康にも良いという面もありますが、一番大切なことはダンスをする人も観る人も楽しい気分になれることだと思います。

最近の急上昇ワード音楽についての話はここをブックマークしましょう

Copyright (C)2017趣味におけるダンスについて.All rights reserved.